ETCカードを利用した際の料金とマイレージ分の相殺は、いつの時点で行われるのでしょうか、考えてみます。

■リアルタイムに情報交信。

相殺は毎月末。

ETCカードを使ってETCの専用ゲートを通過したとき、つまりETCカードを利用した際のマイレージはいつの時点で利用料金に反映されるのでしょうか。

ETCカード(ETC車載器)とゲート間の情報は、無線で交信されています。

その意味ではマイレージ情報も他の利用情報と一緒にリアルタイムで更新されています。

しかしこの時点では、利用者が確認することはできません。

活字情報となって利用者が確認できるのは、カード会社からの請求書が届いてからです。

■カード会社の請求書の中にある明細で確認。

カード会社からの利用明細をみると、高速道路の利用料金とは別にマイレージ分のポイントが記載されていて、そのポイント分がその請求月の高速道路利用料金の総額から相殺されています。

その明細記録で正しく反映されているかどうかを確認することができます。

相殺日はカード会社の集計日が起点になっていますので、集計日を過ぎた日付の高速道路利用料金は、翌月の請求書に反映されます。

■ETCカードを使った際のマイレージポイントは、基本的にはカード会社の集計日で相殺し、その月の高速道路利用代金に反映されます。

マイレージポイントは、機械的にはETCゲートをくぐった直後に利用情報として更新・反映され、その月のカード利用代金として相殺されるのは、所定日に送られてくる請求書の中で確認できます。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: 使うときの注意 |

ずっとETCカードシステムを利用していると、ETCカードが挿入されて入れば、当然の様に開閉バーが開き、ETCのレーンを安全に通行できると思っている方も多いのですが、表示をよく確認することが重要です。

料金所のETCレーンに入るところに、路側表示器が設置されています。

この表示器には、徐行、↓ETC、停止という言葉が必要に応じて表示されるようになっています。

ETCカードが正しく挿入されていても、前の車との車間距離が保たれていなかったり、料金所のアンテナ無線機と自動車の車載器がうまく通信できない場合、ETCのレーンが開きません。

この場合、路側表示器の表示が「徐行」から「停車」となります。

通常通り通行できる場合には、「徐行」から「↑ETC」という表示に変わります。

路側表示器を確認することで、ETCレーンの通信が正しく行われ通行できるかどうか確認できるのです。

この路側表示器の存在をしっかり確認し、徐行から↑ETCとなったことが確認できれば、開閉バーは開くはずです。

時速20km以下の速度で料金所のレーン内に入れば、この表示を確認できますので、↑ETCとなったかどうか確認して通行してください。

もし、「徐行」から「停車」となった場合、ETCカードシステムに何らかのエラーがあるということなので、開閉バーは開きません。

必ず路側表示器の停車に従い、料金所係員が対応に来るまでその場で停車して待っていてください。

バックなどすると後続車に追突することが考えられ危険です。

表示器の確認、開閉バーが開いたかの確認をしっかり行いましょう。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: 使うときの注意 |

ETCカードを使用する為には、まずは、ETCシステム・ETC車載器が搭載されている車でなければなりません。

自分の保持しているETCカードは、どのETC車載器でも使用することができるので、車を2台所有している家庭では、どちらの車にも使用できますし、友人の車や、レンタカーにも利用が可能で、ETC車載器に差し込むカードから料金が引き落とされることとなります。

このように、ETCカードはどのETC車載器でも使用が可能であるのに対し、一度、特定の車にセットしたETC車載器は、取り外して別の車へセットすることはできません。

ETC車載器をセットする際には、セットされる車の情報などがインプットされることから、別の車で使用したい場合には、ディーラー等に車を持ち込んで、新たにセットアップ作業をしてもらう必要があるのです。

高速道路や有料道路では、ETC対応の料金所が非常に多くなってきていますが、それでも、100%ではありません。

低い割合ですが、まだ、ETC未対応の料金所も存在しますから、そのような料金所では、ETCレーンには入らないようにしましょう。

ETC未対応の料金所の場合、入り口か出口、どちらかだけがETC未対応の場合は、一般レーンで、係員が対応して、ETCカードを使用しての料金清算ができますから、現金を用意しておく必要はありません。

しかし、入り口も出口もETC未対応であるとなると、ETCカードの利用はできませんから、料金は現金で支払うことになります。

普段、現金を持ち歩いていない人は、あらかじめ利用する高速道路がETC対応かどうかを調べておいたほうがいいかもしれません。

コメントは受け付けていません。
 | Posted by | Categories: 使うときの注意 |